旅行

三重の伊勢志摩旅行!大江戸温泉物語と湯快リゾートならどちらがお勧め?

夏休みなど長期連休で三重の伊勢志摩旅行の旅行を検討している方も多いのではないでしょうか?

色々行きたい、両親にゆっくりしてもらいたい、子供を楽しませてあげたいなど、迷ってる間も楽しいですよね。

ここでは、大江戸温泉物語、湯快リゾートそれぞれの特徴やアクセスなどについてまとめています。

結論!どちらがベストチョイス?

安さで選ぶなら
湯快リゾート

料理、ご飯の満足で選ぶなら
大江戸温泉

高級感を求めないのであれば、「湯快リゾート」か「大江戸温泉物語」どちらもおすすめです。

ハイクライスの高級宿泊施設も魅力です。
しかし、結局子どもたちが楽しめるのは大江戸温泉や湯快リゾートのホテルなんですよね。

好きなものを好きなだけ食べられる。

どちらも元高級有名旅館施設を買い取りリニューアルし、バイキング形式、リーズナブルな価格と、同じビジネスモデルです。

特に3連休など人気の日程はすぐに予約が埋まるので、空いている方を早く予約するに限ると思います。

大江戸温泉物語は大人2人以上でないと予約できない、湯快リゾートは夏にはプールがあるなど、など細かいところ確認するくらいですね。

大江戸温泉物語の特徴

大江戸温泉物語は、日本全国に28店舗を展開している、「大江戸温泉物語グループ」の人気の施設です。

お食事は、1泊2食付で、大人一名「8,180円」(税込)から利用することが出来る人気の温泉宿泊施設です。

(※大江戸温泉グループのホテルによって料金が異なります。)

食べ放題のバイキング

朝食・夕食は、食べ放題のビュッフェバイキングをお楽しめます。

大江戸温泉物語のビュッフェバイキングといえば、「じゃらん」や「楽天トラベル」といった宿泊サイトでの口コミでも評価が高く、多くの宿泊客の方々が満足しているお食事です。

ソフトドリンク等も飲み放題で利用が可能となっています。

娯楽施設も充実

大江戸温泉物語は、施設内に、カラオケ、卓球、漫画コーナーのほかに、エステブースが用意されている、また、大衆演劇などを楽しむことも出来ます。

湯快リゾートの特徴

湯快リゾートは、道後、下呂、白浜、加賀、伊勢志摩など、日本で有名な温泉地にある人気の格安ホテルチェーンです。

湯快リゾートは、1泊2食つきで、大人一名「8,250円」(税込)で利用することが出来ます。

食べ放題のバイキング

朝食・夕食は、食べ放題ビュッフェバイキングになります。

また、ソフトドリンクも飲み放題なので、ご家族での利用にもピッタリです。

娯楽施設も充実

館内には、カラオケ、卓球、漫画コーナーといった施設を、無料で利用することが可能です。運転で疲れたお父さんにも嬉しいマッサージチェアもあります。

アクセスや往復直行バス

大江戸温泉物語も湯快リゾートも、各地で往復直行バスが運行され利便性も高く、伊勢から少し足を伸ばして旅行も楽しみたいという方にもお勧めです。

大江戸温泉物語のシャトルバス

東北、関東、甲信越、東海、北陸、近畿、四国といった幅広く全国に展開しています。
伊勢からのシャトルバスも出ています。
「鵜方駅前」からシャトルバスに乗車すれば、30分で大江戸温泉物語前に到着します。

湯快リゾートのシャトルバス

京都、大阪、神戸、名古屋、九州各地などの場所から往復直行のバスが運行されています。
湯快リゾートの場合は鳥羽彩朝楽、志摩彩朝楽と2か所あります。
鳥羽彩朝楽は賢島駅から15分、志摩彩朝楽は鳥羽駅から8分となっています。

まとめ!大江戸温泉物語と湯快リゾートはどちらがお勧め?

あえてどちらかを選ぶという場合は、以下をご参考下さい。

アクセス・立地

湯快リゾート:○
湯快リゾートは、大阪、京都、名古屋等の主要駅から2,000円~4,000円でシャトルバスが運行されていることもありアクセスに便利です。
また、志摩・鳥羽の二か所に施設がある湯快リゾートの方が選択肢が増え、予約も取りやすいので○とします。

費用面や立地で選ぶなら伊勢に二施設ある湯快リゾートに軍配があがります。

食事

大江戸温泉物語:○
お食事は、どちらもビュッフェバイキング形式、ドリンク飲み放題ということで、同じ形式ですが、お食事で選びたい場合は、じゃらんの口コミで評判のいい大江戸温泉物語を選んでみるのもいいでしょう。

  • この記事を書いた人

Mero

行動実践の中の人。ITベンダー勤務のアラフォー。美味しい物、趣味、勉強、健康など気になる情報を共有するためのブログを始めました。

-旅行